nouseskou

本名 山本 晃 (ヤマモト コウ)。アーティスト名 nouseskou。京都アンダーグラウンド HIP HOPカルチャー出身。ストリートダンスと現代アートを融合させたダンスチーム nouses (ヌゥス・ヌース)を展開。現代音楽の一つであるMusique concrèteの手法を取り入れた音源制作を自身で行い、concrèteと位置付ける独自のダンスジャンルを確立させる。ストリートダンス世界大会・コンテンポラリーダンス世界大会の両ファイナルへの出場、Switzerland・Franceでの公演、また大植真太郎・辻本知彦・梅田宏明・平原慎太郎・森山未來、各位(敬称略)との活動経験を持つ。

内閣府 JSTムーンショット型研究開発事業目標1研究開発プロジェクトイメージムービー「身体的能力と知覚能力の拡張による身体の制約からの解放」 ドラマトゥルク・パフォーマンス (2021)、清水寺奉納パフォーマンス 総合ディレクター 森山未來「Re:Incarnation」振付・ドラマトゥルク (2021)、森山未來 出演PV 「PASSION / 作曲 原摩利彦」振付 (2020)、森美術館 塩田千春展 『魂がふるえる / くちないし』 出演 (2019)、THE SUPER TOUR OF MISIA バックダンサー (2018)、Groove’N’Move Festiva 出演 (2017 Geneva, Switzerland)、OSAKA DANCE DELIGHT VOL.33 2nd PLACE
 (2017)

nouses website https://nouses.org/

©︎nouseskou